© 2018 by oracion ltd. Proudly created with Wix.com

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン

For any questions you have, you can reach me here:

Contact Me

営業時間 平日17:00~19:00

土曜日9:00~12:00 日・祝日休診

宮城県石巻市錦町4-40

090-7792-1488 

完全予約制 ショートメッセージもしくは

「ホームページをみて・・・とお電話ください」

お問い合わせフォームでも予約可能です。メッセージ欄に希望日・時間をお知らせください

​ひだまり整体院

​身体はひとつのユニットである

 
肩こり

オステオパシーにおける肩こりの施術

当院の施術は姿勢が及ぼす様々な影響を考えながら身体を1つのユニットとしてアプローチしていきます。身体全体を診ることは、リンパの流れや血流、痛みをかばう歪みも含め改善することができます。

 

肩こりの原因は?

どのような時に肩がこるかを自覚している人もいれば、よくわからないが、いつのまにか肩に力が入ってしまい、こってきてしまう、という人もいます。 ご自身で原因に気が付くことができるかどうかは別として、肩こりを引起す原因となるものには、次のようなものが挙げられます。

■姿勢によるもの:デスクワークの方は実感する機会も多いかと思いますが、長時間のデスクワークで肩こりが強まってしまうケースがあります。座り続けることで、特定の筋肉が収縮し続け姿勢を支える筋肉の働きが低下してしまい、頭部や腕を支える頚部の筋肉に負担が生じます。 それが日々繰り返されると、筋肉の緊張が慢性的になり、肩こりを感じるようになります。同じ姿勢から解放される機会が少ない場合、肩こりを起こす筋肉の血行不良も続いてしまうことになります。

■精神的な緊張によるもの:知らない道を車で走る、とても重要なプレゼン、苦手な人との会話など、精神的なストレスにより、体を緊張させる神経系の働きが優位になり、首・肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなってしまうことがあります。 一時的な緊張の場合は、肩に力が入ってしまい脱力が出来ない状態も緩和させやすいですが、連日、精神的な緊張にさらされると肩こりが慢性化する可能性があります。

■手、腕の疲労によるもの:肩こりの人は、頭部、頚部、肩などを含めて、アンバランスになり筋肉の機能低下が起きている場合が多いのですが、それは不良姿勢につながり、さらにキー操作やマウス操作で使う手、指の動作に負担をかけることがあります。 すると、手、腕の筋肉が疲労しやすくなりますが、その二次的な影響によっても、肩こり状態から脱しにくくなる可能性があります。

■目の疲労によるもの:ただ目を動かすということではなく、繰り返しピントを合わせなくてはならないような細かい作業が続いた場合、焦点を調整する筋肉が酷使されその機能が低下することがあります。 すると目からの不快感から、肩こりを起こす筋肉が緊張するように作用することがあり、肩こりや首スジの張りを生じるケースがあります。目を酷使する際に、精神的緊張が加わると自律神経系を乱すことにもつながり、肩こり悪化やストレスによる視力低下も招きやすくなります。

■冷えなどの温度に関するもの:寒い場所にずっと居なくてはならない場合、体には自然と力が入り、毛細血管を収縮させ体温を逃がさないように反応します

 
​腰痛

当院の鍼治療は、体の歪みに合わせて、手と足のツボを使用して治療します。 「経絡治療」・・・脈の状態から判断し、気の流れを整える 「経筋治療」・・・体の表面の筋肉を触診し緊張・弛緩にあわせた治療この2つを主訴に合わせて、組み合わせながら施術します。どちらも切皮(表面に浅く刺す)程度なので痛みを感じることはないので、安心してください。

腰痛の原因に姿勢が関係していることは、みなさんなんとなく感じていると思います。日常偏った動作が多い仕事をされている場合、いかに緊張した筋肉をリラックスさせるかが重要です。ラジオ体操のような体を大きく使う運動ができればいいのですが、痛みを感じた時点で慌てて運動しても自分ではどうしようもないレベルまでに歪みが生じてしまっているというのが現実です。

ぎっくり腰は非常に重たいものを持ったときなど、腰部を酷使したときに起こる病気ではありません。ちょっとした動作がきっかけで起こることが多いのです。荷物を持ち上げたとき 朝の洗顔で前かがみになったとき くしゃみをしたとき  上記のような動作でぎっくり腰になる場合、もともと腰部を支える機能が低下していることがほとんど。何らかの刺激で腰部を支える筋肉、関節、椎間板などを痛めてしまいます。腰部を支える機能を損ねる原因としては、以下のものが考えられます。

■ 生活習慣による影響:座り仕事、立ち仕事、作業台に向かう細かい作業など、同じ姿勢でいる時間が長い場合、疲労する筋肉や負担がかかる部位に偏りが生じます。適度に運動する習慣がない場合は筋肉の血流も滞りやすくなり、腰を支える筋肉機能が低下するリスクが高まります。

■ スポーツによる影響:筋肉量が多いたくましい体の人でもぎっくり腰になります。「筋肉がしっかりしているなら、腰部も丈夫なのでは?」と不思議に思う人が多いのですが、運動後の筋疲労の残り方や筋肉の機能バランスが悪いと、逆に腰に負担がかかってしまうことがあるのです。運動前後の体操やストレッチなど、十分なケアが大切です。

■ 精神的ストレスの影響:スポーツの試合でプレッシャーが強い場合や、難しい仕事に頭をひねりながら取り組んでいる場合など、精神的な負荷がかかる場面でも、筋肉が緊張して血流が滞り、腰を支える筋肉機能が低下するリスクが高まります。心をリラックスさせることも大切。

■ 病気による影響:上記のケースとは異なり、別の病気が原因でぎっくり腰になるケースもあります。転移性骨腫瘍、椎体骨折など脊椎に問題がある場合のほか、急性膵炎や腎盂腎炎など内臓疾患が関連することがあります。心因性の腰痛でも強い痛みや悪化を繰り返すことも。

下記の症状がある時は、早めにかかりつけのお医者さんに相談するか、整形外科、内科を受診して下さい。

 楽な姿勢がなく、いつも腰の痛みを感じる

 夜間、寝ている時も痛みで目が覚める

 発熱、冷汗が出る

 腰の痛みがどんどん増していく

 下肢のしびれや脱力感がある

 排尿、排便の異常がある

 
​頭痛

まずは詳しく症状をお聞きします。

​痛みの場所、時間帯、周期、特徴を把握することで原因を特定します。全体の構造を整えて、頚部と頭の位置関係、神経の出口や頭蓋を形成する15種類の骨の動きに対してアプローチしていきます。

 
骨盤矯正

'生活習慣によって影響を受けやすい部位ですが、骨の位置関係が変わるわけではありません。周辺の筋肉や靭帯の緊張により歪んだように見えているのがほとんどです。バキバキ鳴らすようなアプローチは当院では行なっておりません。

​全ての症状に影響を与えるため、毎回水平になるよう施術します。

 
O脚矯正

​骨盤の傾き、股関節の筋肉の緊張、膝から下の捻れ、足関節、土踏まず、O脚の原因は複雑です。

姿勢・重心の感覚、歩行などの動作も含めてカラダの使い方を確認します。全体にアプローチできるオステオパシーならではの施術です。

O脚・X脚 共通して腰椎前弯の増強・減少に対しアプローチします。

足関節・膝関節・股関節の位置関係が変化するなかで協調性を取り戻せるよう働きかけます。

多くの場合生活習慣の見直しが必要となりますが、施術する場所に合わせてその都度ご紹介いたします。

重心を考えた立ち方、正しい座りなど

 

 
自律神経による不調

​現代のストレス社会における重大な問題として自律神経による不調が挙げられます。交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいっていないことで引き起こされる様々な症状は、自律神経の出口である背骨や頭頚部、骨盤を整えることからアプローチしていきます。それから骨盤内の隔膜、横隔膜、頭蓋、表面を覆う筋膜へと進んでいきます。週に一回、三回の施術を1クールとします。